U−20W杯初戦はドロー。エクアドルに苦戦を強いられた日本の誤算

U−20W杯初戦はドロー。エクアドルに苦戦を強いられた日本の誤算

U−20W杯初戦はドロー。エクアドルに苦戦を強いられた日本の誤算の画像

相手にゲームを支配され、どうなることかと不安ばかりを覚えた前半から一転、後半はかなり持ち直した。

 前半に先制されながら、後半なかばに追いつき、さらに攻勢の時間を作っていたことを考えれば、逆転したかった試合ではある。だが、追いつく前に2点目、3点目を許していた可能性も十分にあり、それを思えば、負けなくてよかった試合だとも言える。

 最終ラインで踏ん張ったDF菅原由勢が、「難しい試合で勝ち点1を取れたことは前向きに捉えている」と話していたが、この内容で勝ち点1なら、納得すべき試合だろう。

 U−20ワールドカップのグループリーグ初戦。日本はエクアドルと対戦し、1−1で引き分けた。


エクアドルの攻撃を何とか1点に抑え、勝ち点1を得たU−20日本代表

 試合序盤は、日本の高い位置からの積極的な守備が、エクアドルの攻撃をうまく抑えていた。試合の入り方としては悪くなかった。

 しかし、エクアドルが日本の出方を冷静に見極めながら、前線からの守備をいなすようにボールを回し始めると、日本はたちまち押し込まれた。ボールの奪いどころが定められなくなり、ようやくボールを奪っても落ち着いてパスをつなぐことができず、前線へ大きく蹴り出すばかり。すぐにボールは相手に回収され、守る時間ばかりを長くした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)