斉藤和巳が燃え尽きた試合。絶望へと繋がる稲葉篤紀に投じたあの一球

斉藤和巳が燃え尽きた試合。絶望へと繋がる稲葉篤紀に投じたあの一球

斉藤和巳が燃え尽きた試合。絶望へと繋がる稲葉篤紀に投じたあの一球の画像

負けないエース・斉藤和巳が歩んだ道(3)
 1999年、2000年にパ・リーグを連覇したホークスは、2003年に斉藤和巳を中心とした投手力と、チーム打率2割9分7厘を誇った強力打線でリーグ優勝を飾り、日本一に登り詰めた。しかし、その後はリーグ優勝から遠ざかることになる。
 2004年に新設されたプレーオフ(クライマックスシリーズ:CS)で勝てなかったからだ。ホークスにとっての”鬼門”を勝ち抜かない限り、リーグ優勝も日本一も見えない。2006年プレーオフは斉藤にとっても、チームにとっても格好のリベンジの場だったのだが・・・・・・。  


2006年のCS第2ステージでファイターズに敗れ、マウンド上でうずくまる斉藤

【王監督のためにも負けられなかったCS】
 ホークスは短期決戦で勝てない。
 2年続けてプレーオフで負けたホークスは、そう言われるようになった。シーズン1位で臨んだ2004年のCSは、第2ステージでライオンズに敗れて2位に終わった。親会社がダイエーからソフトバンクに代わった2005年は、シーズンで89勝を挙げるなど抜群の強さを見せたものの、やはりCSでマリーンズに敗れて”下克上”を許した。
「三度目の正直」と臨んだ2006年のシーズンで3位だったホークスは、日本シリーズに進むために同2位のライオンズ、同1位のファイターズに勝たなければならなかった。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)