羽生結弦の現在のコンディションは? 今年もアイスショーで観客を魅了

羽生結弦の現在のコンディションは? 今年もアイスショーで観客を魅了

羽生結弦の現在のコンディションは? 今年もアイスショーで観客を魅了の画像

今年は4会場(幕張、仙台、神戸、富山)で公演される「ファンタジー・オン・アイス2019」。その開幕となる5月24日の幕張公演初日、羽生結弦は3月の世界選手権以来2カ月ぶりとなる滑りを披露した。
 キレのある動きを見せた羽生は、オープニングのスケーター紹介でいきなり4回転トーループを跳んで観客席を沸かせるなど、平昌五輪後だった昨年より体調が良さそうだ。

約2カ月ぶりに演技を披露した羽生結弦

 昨年の幕張公演初日では、羽生は「トリプルアクセルを含め、トーループとサルコウの3回転は跳べるようになっている」と話していたが、そのときに比べればコンディションはかなり上向きと言えそうだ。
 ゲストアーティストのToshlが歌う『真夏の夜の夢』で始まったオープニング2では、羽生は途中からハビエル・フェルナンデスやジェフリー・バトル、エリザベータ・トゥクタミシェワ、エフゲニア・メドベデワ、安藤美姫、アイスダンスのアンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテらとリンクに上がると、躍動感あふれる滑りを見せた。
 そして、羽生が再びリンクに登場したのは、第2部の大トリとして。今回の公演で予定されているのは、Toshlとのコラボレーションで『クリスタル・メモリーズ』と『マスカレイド』の2プログラム。この日演じたのは『マスカレイド』で、衣装は上着が赤と黒。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)