イニエスタだけではダメ。神戸「バルサ化」に足りないものは?

イニエスタだけではダメ。神戸「バルサ化」に足りないものは?

イニエスタだけではダメ。神戸「バルサ化」に足りないものは?の画像

福田正博 フットボール原論
■アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキ、そして今季からダビド・ビジャを加えた『V.I.P.』で、開幕から大注目のヴィッセル神戸が低迷している。大金を投じた強化がうまく進まない神戸について、元日本代表の福田正博氏が考察した。
 開幕から神戸の指揮を執ったフアン・マヌエル・リージョ監督が4月17日に解任され、昨年も指揮を執った吉田孝行監督が再び就任した。だが、リージョ前監督のもとで7戦3勝1分3敗の10位だったチームは、吉田体制に移行後に上昇気流をつかめず、カップ戦も含めて公式戦9連敗。J1第13節で湘南に勝利して連敗を脱出したが、不振に喘いでいる。

イニエスタ擁する神戸だが、苦戦が続いている

 神戸は「バルサ化」を掲げ、イニエスタを獲得した。しかし、選手の役割はクラブに哲学を浸透させることではなく、さらに言えば、組織をつくる力も権限もない。イニエスタにできることは、自らがプレーしていたバルサというクラブの哲学をピッチ上で表現することなのだ。彼が育ったクラブであるバルセロナの哲学を神戸に浸透させ、構築・継続していくのは、監督やクラブ幹部、そしてすべてのクラブスタッフの仕事である。イニエスタがフィールドの外でもすべてをやってくれるわけではない。
 プロのサッカークラブとは、会長やGM、強化担当やスカウトらクラブの幹部はもちろん、スタッフ全員でそのクラブの哲学を築いていき、その方針をもとに選手を育成・獲得していく。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)