バルサは立ち直れるか。大逆転の連続のCLを達人が徹底的に語り合う

バルサは立ち直れるか。大逆転の連続のCLを達人が徹底的に語り合う

バルサは立ち直れるか。大逆転の連続のCLを達人が徹底的に語り合うの画像

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.66
 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富な達人3人が語り合います。今回のテーマは欧州チャンピオンズリーグ(CL)の準決勝レビューと決勝のプレビュー。大逆転の結果に終わった試合を振り返った。
――今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)も、いよいよ6月1日の決勝戦を残すのみとなりました。そこで今回は、お三方にいくつかのトピックスに分けて準決勝を振り返っていただき、最後にリバプール対トッテナムというプレミア対決となった決勝戦を展望していただきたいと思います。まずは、まさかの展開で準決勝敗退を強いられたバルセロナについて掘り下げていただけますか?
倉敷 スペインのメディアは、ヘッドラインに「バルサの歴史的失敗」、「史上最大の失態」、「恥」などと厳しく書き並べました。カタルーニャの新聞の方がマドリードの新聞よりも辛かったかも知れません。ちなみに中央紙のマルカは、「第1戦を3−0で勝っていても」「リバプールのスター選手がケガをしていても」「ラ・リーガのチャンピオンでも」「ローマでの苦い経験があっても」「決勝がスペイン開催でも」「レアル・マドリードがいなくても」「世界最高の選手がいても」と、どこにエクスキューズがあるの?とばかりに追求しました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)