佐藤琢磨、周回遅れから怒涛の追い上げ。伝統のインディ500で3位入賞

佐藤琢磨、周回遅れから怒涛の追い上げ。伝統のインディ500で3位入賞

佐藤琢磨、周回遅れから怒涛の追い上げ。伝統のインディ500で3位入賞の画像

今年のインディ500では、2度目の挑戦となった元F1チャンピオンのフェルナンド・アロンソが予選落ちを喫し、超高速をキープして走る世界最大のレースが独特の世界であることがあらためて証明された。一筋縄ではいかない難しさ、奥深さを備えているのが100年以上の歴史を誇るインディ500なのだ。

 103回目のインディ500を制したのはシモン・パジェノーだった。フランス出身のパジェノーは2006年にアメリカに渡り、2011年にインディカーにスポット参戦するチャンスを与えられると、スピードと手堅さの両方を見せ、翌2012年にホンダ・エンジンを使うチームのレギュラーに抜擢された。

 そこから3年間で4勝を挙げて、2015年にシリーズ最強のチーム・ペンスキーに移籍、2016年にチャンピオンに輝いた。アメリカで奮闘を始めて11年目にひとつめの夢を叶えると、その3年後、もうひとつの目標だったインディ500での優勝を、8回目の挑戦で成し遂げた。

 2008年のインディ500ウィナー、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)は、燃費でアドバンテージを築いてチャンスをつかもうとしたが、展開が味方せず、最後はアクシデントに巻き込まれた。

 2013年ウィナーのトニー・カナーン(AJ・フォイト・エンタープライゼス)と2014年ウィナーのライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)は、今年は優勝を狙えるレベルまでマシンを仕上げることができなかった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)