門田博光が本塁打増に持論。「打撃を球場サイズに合わせたらあかん」

門田博光が本塁打増に持論。「打撃を球場サイズに合わせたらあかん」

門田博光が本塁打増に持論。「打撃を球場サイズに合わせたらあかん」の画像

6月2日終了時点で両リーグの本塁打数は、セ・リーグが326本、パ・リーグが337本。1試合平均にすると、セ・リーグが2.04本、パ・リーグが2.12本となり、ともに昨年の1試合平均(セ・リーグ1.92本、パ・リーグ1.99本)を上回っている。ここ10年のデータを見ても、1試合平均が2本を超えた年はなく、現時点とはいえ、かなりの量産ペースであることは間違いない。
 ちなみに、統一球導入2年目(2012年)の1試合平均本塁打数は、セ・リーグが1.05本、パ・リーグが0.98本で、今とまったく違う野球が展開されていたことは容易に想像がつく。その後も”統一球”についてはいろいろと注目を集めたが、今は反発係数の基準値内のボールが使用されているはず。ただ、本塁打数や見る者の印象などから、統一球導入直後とは明らかに別次元の飛びが続いており、とくに今年はその印象が強い。

6月2日現在、両リーグ最多の23本塁打を放っている西武・山川穂高

 そんなシーズン序盤の傾向を苦笑いとともに振り返ったのが、NPB歴代3位の567本塁打を放った門田博光だ。
「テレビで見とっても、センター方向へ飛んでいく打球の勢いが違う。普通、センターのホームランというのはそれなりの打者しか打てないはずなんやけど、今年は『えっ、このバッターが……?』というのがある。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)