伊東純也にはデカい夢がある。ビッグクラブ移籍へ「スーパーな存在に」

伊東純也にはデカい夢がある。ビッグクラブ移籍へ「スーパーな存在に」

伊東純也にはデカい夢がある。ビッグクラブ移籍へ「スーパーな存在に」の画像

ゲンク・伊東純也インタビュー@後編

 ベルギーリーグでプレーする日本人選手は、ここ数年で劇的に増えた。ただ、すべての選手に出場するチャンスが巡ってくるわけではない。そんななか、今年2月にゲンクへ移籍した伊東純也は、監督の信頼を勝ち取り、シーズン終盤にはスタメンの地位も確保した。言葉の通じないベルギーの地で、伊藤はどうやって苦しい時期を乗り越えていったのか。

「ゲンク・伊東純也インタビュー@前編」はこちら>>>


伊東純也にベルギーでの3ヵ月半を語ってもらった

―― 伊東選手のゲンク入団後、チームの主力だったMFアレハンドロ・ポズエロ選手がトロントFCに移籍してしまい、「ゲンクは大丈夫か?」と言われていました。ただ、役割こそ違いましたが、伊東選手がポズエロ選手の穴を埋めたことは、ベルギーで高く評価されています。

伊東純也(以下:伊東) ベルギーのメディアから、『ポゾ(ポズエロ)の代わりにゲンクに入ったプレッシャーはあるか?』と、よく聞かれました。でも、僕は何も考えてなかったですね。

―― プレッシャーは感じなかったと。

伊東 あんまり気にしてなかったです。「そういうふうに見られるんだな」と感じたくらいで。

―― 伊東選手が入ったあと、ゲンクが首位から落ちたとしたら……。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)