GI戦線同様に大荒れ必至。マーメイドSは格下軽量馬4頭でガッポリ

GI戦線同様に大荒れ必至。マーメイドSは格下軽量馬4頭でガッポリ

GI戦線同様に大荒れ必至。マーメイドSは格下軽量馬4頭でガッポリの画像

東京競馬場におけるGI5週連続開催は波乱の連続で幕を閉じた。GI日本ダービー(東京・芝2400m)は、断然の1番人気だったサートゥルナーリアが4着に沈み、12番人気のロジャーバローズが大金星をゲット。先週のGI安田記念(東京・芝1600m)では、「2強」と言われたアーモンドアイとダノンプレミアムが敗れ、4番人気のインディチャンプが見事な勝利を飾った。

 そんなGI戦がひと休みとなるなか、今週はGIIIマーメイドS(6月9日/阪神・芝2000m)が行なわれる。そして同レースも、波乱続きのGI戦と同じく大荒れの可能性を秘めている。

 というのも、マーメイドSは”荒れる重賞”のひとつとして有名だからだ。

 過去10年の結果を見ても、10番人気以下の穴馬が馬券圏内(3着以内)に飛び込んできたことが7度もあり、3連単の配当はすべて万馬券。そのうち、7回が10万円超えの高配当となっている。昨年も、10番人気のアンドリエッテが優勝し、3連単は26万3970円という高配当をつけた。

 とすれば、今回も穴狙いに徹したほうがいいだろう。そこで、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで波乱を起こしそうな激走馬をあぶり出してみたい。

 過去の成績を見ると、オープンクラスのひとつ下、3勝クラス(旧1600万下)の馬でも十分通用していることがわかる。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)