畠山愛理は基本ネガティブ。それでも「性格を変えようとは思わない」

畠山愛理は基本ネガティブ。それでも「性格を変えようとは思わない」

畠山愛理は基本ネガティブ。それでも「性格を変えようとは思わない」の画像

★畠山愛理インタビュー 前編
 女子新体操の日本代表、通称フェアリージャパンの一員として、ロンドン五輪(2012年)、リオデジャネイロ五輪(2016年)に出場した畠山愛理さん。大会前から「決めていた」と言うリオ五輪で現役を引退。今では、自身の経験を生かして『サンデースポーツ2020』(NHK総合)などでスポーツの魅力を伝えつつ、『バカリズムの30分ワンカット紀行』(BSテレ東)などバラエティー番組にも出演し、キュートな一面を見せている。また、170cmとスタイル抜群の容姿でモデルとしても活躍中だ。そんな畠山さんだが、現役を引退してすぐは、「自分が何をしたくて、何ができるのかで悩んだ」と言う。現役引退してからの経緯や、”今”の畠山さんについて話を聞いた。

今は、いろんなことに挑戦していきたいと語った畠山愛理さん


―― リオ五輪で引退されてから、もうすぐ3年。振り返ってみていかがですか。
畠山 新体操づけだった毎日から、引退してガラッと環境が変わりました。体も慣れないし、起きたら練習…というふうに思ってしまうことは、最初は何回かありました。でも、いろいろ経験させていただいて、新しい世界を見れたり、同い年の子たちがやったことがあるようなことを私はできていなかったので、そういったことも少しずつみんなと同じくらいやれるようになってきたのかなと。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)