DeNAロペス「悪送球されてもいい」。坂本勇人と語り合った守備論

彼に『ファーストもできるか』と聞かれたので、『もちろん、どこでも守る気がある』と伝えました。アメリカに残ればメジャーでプレーできる保障もないですし、マイナーに行かされたりするのは嫌でした。ジャイアンツだとファーストで出られるチャンスがあると聞き、『じゃあ、ファーストというポジションを自分のものにしよう』と決めました」
 ロペスは続ける。
「一塁手は何が大事かと考えたら、内野ゴロは必ずアウトにすることだと思いました。ゴロを打たせてアウトにならなかったら、ピッチャーはかわいそうですし、野手がしっかり捕球して送球したのに僕が捕らなかったらチームの迷惑になる。だから、自分の仕事はそういったチームメイトを支えることだと思いました。その役割を果たすことができれば、最高に幸せだと感じるようになりました。だから1年目にゴールデングラブ賞を獲得したことは、とても気持ちよかったです。少しでもチームに貢献できたかなと、満足感がありました」
 ロペスは巨人で2年間プレーしたが、守備に関して影響を受けたのが、ショートを守る坂本勇人だったと言う。
「坂本の守備はすごい。毎日見るのが楽しかったし、刺激になりました。彼とはよく守備について話した覚えがあります。彼も含めて、内野手が『ロペスに送球しやすい』と言ってくれれば、本当にうれしい。言い方は変かもしれませんが、悪送球されてもうれしいんです。

関連記事(外部サイト)