苦戦予想もレッドブル・ホンダは前向き。不利より有利を活かせるか

苦戦予想もレッドブル・ホンダは前向き。不利より有利を活かせるか

苦戦予想もレッドブル・ホンダは前向き。不利より有利を活かせるかの画像

F1第7戦・カナダGPの舞台「ジル・ビルヌーブ・サーキット」は、セントローレンス川に浮かぶ美しい公園の周遊路を使った半公道サーキット。6本のストレートをシケインかヘアピンでつないだレイアウトで、全開率も65%近くに達する。つまり、パワーがモノを言うサーキットだ。
 パワーユニットとして、現状でメルセデスAMGとフェラーリに後れを取るホンダにとっては、苦戦を強いられそうなサーキットのように見える。しかし、それは間違いかもしれない。

レッドブル・ホンダが最高速の速いフェラーリに勝つためには?

 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、当面のライバルであるフェラーリがここでは速さを見せるだろう、ということは認める。
「ここはストレートが多いサーキットのひとつだし、フェラーリの最高速が速いのもわかっている。だから、彼らにとっていいサーキットであることは当然だろうし、僕らにとってはモナコほどいいサーキットとは言えないだろう。でも、明日走ってみないとわからないよ」
 世間が思うほど、レッドブル・ホンダが苦戦を強いられるとは思っていないようだ。
 パワーの不利を抱えて、ただスロットルを踏んで真っ直ぐ走る以外にどうすることもできない。コーナーで稼いだアドバンテージを、ストレートの遅さで吐き出す。そのフラストレーションとどう向き合い、ドライビングでいかにカバーすることができるものなのか――。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)