U−20代表は、11年前の香川真司を教訓に久保建英を招集すべきだった

U−20代表は、11年前の香川真司を教訓に久保建英を招集すべきだった

U−20代表は、11年前の香川真司を教訓に久保建英を招集すべきだったの画像

U−20ワールドカップに出場した日本は、決勝トーナメント1回戦で韓国に敗れ、ベスト16敗退に終わった。

 日本がこの大会のベスト16で敗退するのは、2005年、2007年、2017年大会に続き、4大会連続。アジア予選で敗退した4大会を挟み、ベスト8の壁に阻まれ続けている。

 とはいえ、今大会に関しては、力不足で世界の分厚い壁にはね返されたという印象はない。それどころか、日本の選手たちはよく戦った。攻守の切り替えの速さや、ボールを奪いにいくときのプレー強度、さらには組織的な連動性の高さは、今大会でも屈指だった。

 世界大会になると、どうしても日本のDF、とくにセンターバックは、能力の高い外国人FWに手玉に取られてしまうことがある。だが、今大会ではそんなシーンはほとんどなかった。

 できるだけ高い位置で人数をかけてボールを奪い、早めに相手の攻撃の芽を摘む。それができていた日本は、FWの高い能力をまともにDFが受け、危険にさらされること自体が少なかったからだろう。

 また、メキシコ戦以外は得点こそ少なかったが、テンポよくボールを動かし、相手の守備を破る(チャンスを作る)ことはできていた。ボールを持たされ、手詰まり感が漂うこともなかった。

 イタリア戦では再三、パススピードが遅くなったところを狙われ、ボールを失うことがあった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)