「森保式3バック」が機能するカギは「ミシャ式」を知る原口元気だ

「森保式3バック」が機能するカギは「ミシャ式」を知る原口元気だ

「森保式3バック」が機能するカギは「ミシャ式」を知る原口元気だの画像

6月5日のトリニダード・トバゴ戦で初導入された3−4−2−1の共通理解を、どこまで高められるか――。それが、エルサルバドル戦の大きなポイントと言っていい。
「最低限の守り方くらいしかトレーニングできていない」
 トリニダード・トバゴ戦のあと、ある選手が語っていた。実際、2日の日曜日に集合し、3日後に試合を迎えたわけだから、戦術練習の時間がほとんどなかったのも当然だろう。

ウイングバックで出場しそうな原口元気のプレーに注目


 森保一監督がかつて指揮を執ったサンフレッチェ広島では、攻撃時にボランチを下げて4バックにして攻撃を組み立てていたが、現在指揮を執るU−22日本代表では、「ボランチが必ず下がる必要はない。状況を見て」と、3バックのままビルドアップさせるなど、臨機応変にプレーさせている。
 では、A代表は――? そのあたりはまだ、見えていない。
 森保式3−4−2−1(※)の大きな特徴であるメリハリのある可変――守備時には5−4−1、攻撃時には4−1−5や3−2−5になる――もあまり見られなかった。
(※)現在北海道コンサドーレ札幌の指揮をするミハイロ・ペトロヴィッチ監督が広島を率いたときの布陣を、後任の森保監督も継承した。
 自陣でブロックを敷く際には、広島時代もU−22日本代表も5−4−1で守備ブロックを築かせていたが、トリニダード・トバゴ戦のあと、3バックの右を務めた冨安健洋(シント・トロイデン)は、「なるべく5枚にしたくない」と言った。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)