高卒2年目もずば抜けている清宮と村上。敵も味方も絶賛する凄さとは

推定飛距離130メートルの特大ホームランだった。試合後、村上は次のように語った。
「打つ体勢は整っていたので、来たボールにしっかりとコンタクトできました。チームとして、先制点がほしいなかで、いいホームランになったと思います。そのあとの打席では四球も取れましたし、ああいう打席は大事。僕は毎日が勝負なので、チームの勝敗に関係なく、1打席1打席を大事に集中していきたいです」
 上沢は、村上との対戦をこう振り返った。
「投げたボール自体はそれほど悪くなかったと思います。村上くんについては”すごい”とは聞いていたのですが、高卒2年目の選手がこの球場のセンター中段に飛ばすんですからね。思っていた以上にすごいバッターでした。あのホームランはすごかったです」
 2打席目以降は、セカンドエラー、セカンドゴロ、四球と安打は許さなかった。
「あとの対戦では、いろいろ組み立てながらやったんですけど、それでも雰囲気はありましたね。外のボールをあれだけうまく打てて、なおかつインコースもさばけそうな雰囲気があります。そうなると組み立てが難しいですよね。
 間違いなく日本を代表する打者になると思います。清宮は同じチームだから対戦していないので何とも言えませんが、やっぱり高卒2年目にしてはすばらしいですし、飛距離もすごい。あいつもファイターズ、そして日本を代表する選手になってくれると思っています」
 迎えた2戦目、日本ハムのスタメンに清宮の名前はなかった。

関連記事(外部サイト)