高卒2年目もずば抜けている清宮と村上。敵も味方も絶賛する凄さとは

ヤクルトの近藤一樹は、前日の試合でリリーフ登板して、清宮をセカンドゴロに打ち取った。
「僕は日大三高出身で、清宮くんの早実とはライバル校ということで、後輩たちが”打倒・早実”として戦っている映像はよく見ていました。すごくいい打者だなと。それが当時の印象でした。
 プロに入ってからは、ニュースで流れる清宮くんの”いい映像”も見ました。そういう映像ってマウンドで思い出してしまったりすることもあるので、僕にとってはいい映像とは言えないんですけど(笑)。とはいえ、バッティング練習を見て、『ここに投げてはいけない』とかは把握できたので……。それが何かは言えませんけど、特徴などは把握したつもりです」
 1打席の対戦だったが、近藤は清宮に対してどんな印象を持ったのだろうか。
「雰囲気があるなと……正直、ツボにはまったら本当にとんでもない打球になってしまうという雰囲気がありました。うちが1点リードしていた状況だったので、1球1球が勝負、失投に気をつけながら……という感じでした。ピッチャーとしては、注目されている選手はやりにくいですよね。打たれることで、試合の流れを変えられてしまうので。そういう意味で、まだ若いですけどチームの中心になっていると感じます。

関連記事(外部サイト)