大谷と菊池メジャー初対決で明暗。高校は同じも似て非なる育成だった

大谷と菊池メジャー初対決で明暗。高校は同じも似て非なる育成だった

大谷と菊池メジャー初対決で明暗。高校は同じも似て非なる育成だったの画像

これほどまでにハッキリと明暗が分かれなくてもよかったのに──。
 2019年6月8日(現地時間)、エンゼルスタジアムでマリナーズ菊池雄星とエンゼルス大谷翔平のメジャーでの初対決が実現した。結果は大谷の3打数2安打、1ホームラン。菊池は4回裏にトミー・ラ・ステラ、マイク・トラウト、大谷に3者連続ホームランを浴びて撃沈。4回途中7失点、79球でマウンドを降りた。
 中4日のローテーションを1度飛ばして、万全の状態をつくるための中8日のマウンドだったが、菊池は対大谷だけでなく、先発ピッチャーとしても結果を残すことができなかった。

菊池雄星(写真左)と大谷翔平のメジャー初対決は、大谷に軍配が上がった

 一方、6月に入って調子を上げている大谷は、上がらなかった打球が本来の弾道に戻りつつあり、この日のホームランも菊池のカーブを十分、引きつけての左中間へ高々と打ち上げた理想的な弾道の一発。ピッチャーとしてのリハビリの最中にバッターとしての結果を出さなければならない難しい状況のなか、徐々に真価を発揮している。ふたりは試合後、こう話していた。
「2打席目、3打席目と重ねていくほどにタイミングが取れてきていたので……(2打席目に凡退したのは)ボール球のカーブをファーストゴロだったんですけど、その中で軌道を確認できたのはよかったかなと思います。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)