室屋義秀が最後のエアレース王者へ。勝敗のカギを握る新ルールへの対応

室屋義秀が最後のエアレース王者へ。勝敗のカギを握る新ルールへの対応

室屋義秀が最後のエアレース王者へ。勝敗のカギを握る新ルールへの対応の画像

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップの2019年シーズン開幕戦が2月に行なわれてから、およそ4カ月。衝撃の発表はあまりに突然だった。
 レッドブル・エアレースは2019年シーズンをもって終了する――。
 レッドブル・エアレースの公式発表によれば、レース開催は今季限りで、しかも今季行なわれるレースは、カザン(ロシア)での第2戦、バラトン湖(ハンガリー)での第3戦、千葉での第4戦と、残り3戦のみとなったのである。
 ファンはもちろん、パイロットをはじめとするチームスタッフですら、寝耳に水の決定だったが、発表直後、室屋義秀は「チャンピオンシップの年間戦略を修正しながら、現在のリーディングポジションを維持できるよう全力を尽くす。他のことは考えず、100%レースに集中していく」とコメントを発表している。
 レッドブル・エアレースの終了はもちろん、残念である。だが、レースに臨むパイロットが勝負に集中しようとしている以上、見る側も残り少ないレースを最大限に堪能すべく、準備をしておきたいところだ。
 そこで、6月15、16日にロシア・カザンで行なわれる今季第2戦を前に、主に今季から変更となったオーバーGのルールに焦点を当て、室屋が”ポールトゥウィン”で制した開幕戦(UAE・アブダビ)をあらためて振り返りたい。


UAE・アブダビでの開幕戦で勝利した室屋(中央)photo by Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

 まずは、オーバーGのルール変更について、簡単におさらいしておく。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)