久保建英と永井謙佑に「頼った」。森保ジャパンは強くなっているのか

プレーするエリアが高ければ高いほど、選手としての価値は上昇する。ゲームを作る側でなく、決める側に回れるか。日本代表の将来も、そのことと密接な関係にある。

 そうした意味で、磨くべきはドリブルになる。1トップ下よりウイングの方が適している。FC東京でのポジションより幾分高い位置がベストだと思う。アタッカーに不可欠な武器となるドリブルを磨く環境にはそちらの方が適している。

 森保監督は前戦トリニダード・トバゴ戦に続き、この日も、「シャドー」はいてもウイングのいない3−4−2−1で戦った。ドリブラーである原口元気(ハノーファー)と伊東純也(ゲンク)は、4−2−3−1の3の両サイドではなくウイングバックとして出場。アタッカーと呼ぶには低すぎるポジションでプレーした。

 前戦は酒井宏樹(マルセイユ)と長友佑都(ガラタサライ)だった。4−2−3−1ではサイドバック(SB)を務める両選手を据えたが、このエルサルバドル戦ではウイングバックに4−2−3−1では3の両翼を務めるウイング系の選手を据えて戦った。

 その分、攻撃的に見えたかもしれない。0−0に終わったトリニダード・トバゴ戦に比べ、森保式3バックは機能したとの見方をする人はいるだろう。しかし一方で、そうした議論をするのが的外れだと言いたくなるほど、相手のエルサルバドルは弱かった。

関連記事(外部サイト)