赤星憲広がルーキー近本光司を分析。「私との決定的な違いがある」

赤星憲広がルーキー近本光司を分析。「私との決定的な違いがある」

赤星憲広がルーキー近本光司を分析。「私との決定的な違いがある」の画像

関西学院大学から社会人野球の大阪ガスを経て、2018年のドラフト1位で阪神に入団した近本光司。開幕スタメンを掴み取り、6月10日時点で打率.304、16盗塁と、見事にリードオフマンの役目を果たしている。

 50m5秒8と抜群の走力を誇る左の一番打者、ポジションも同じセンターということで、かつての不動のリードオフマンである赤星憲広氏と比較されることが多くなっているが、赤星氏本人はどう評価しているのか。選手としての特長や、今後に向けての課題などを聞いた。

阪神の「一番・センター」として活躍する、ルーキーの近本

――近本選手が周囲から「赤星二世」と呼ばれていることについて、赤星さんはどう思っていますか?

「近本が入団会見で『赤星さんを目標にしています』と口にしたので、これまでになく取材が殺到しましたよ(笑)。でも、大阪ガス時代に見た時には、彼は主に五番打者として活躍していましたし、私とは少しタイプが違う選手なんじゃないかなという印象がありました」

――その違いとは?

「打撃面で長打力があることが決定的に違いますね。私はプロ通算のホームランが3本でしたが、彼は1年目ですでに5本も打っています。投手側の足を上げる、彼であれば右足を高く上げて打つフォームは、ボールの質が上がるプロではタイミングがうまく取れなくなる選手も多いんですけど、そんな心配など関係なく結果を出しています。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)