松山英樹、きっかけをつかむ。全米OPで「王者のゴルフ」に変身か

松山英樹、きっかけをつかむ。全米OPで「王者のゴルフ」に変身か

松山英樹、きっかけをつかむ。全米OPで「王者のゴルフ」に変身かの画像

今年の全米オープン(6月13日〜16日/カリフォルニア州、ペブルビーチ・ゴルフリンクス)は、激戦必至。ハイレベルな大混戦になると思う。

 誰が主役になっても不思議ではない。マスターズで優勝を飾って完全復活を遂げたタイガー・ウッズ(アメリカ)は、この大会でメジャー通算16勝目、サム・スニードの記録に並ぶ米ツアー通算82勝目がかかっている。そして、そのウッズのライバルとなるフィル・ミケルソン(アメリカ)も、これに勝てば、キャリアグランドスラムを達成となる。それぞれチャンスはあり、快挙達成への期待は日増しに高まっている。

 また、前週のRBCカナディアンオープンで、最終日に1イーグル、9バーディー、2ボギーの「61」をマークして圧勝したロリー・マキロイ(北アイルランド)も有力候補。世界ランキング3位へと浮上し、圧倒的な強さを見せた2011年大会に続く2度目の全米オープン制覇を狙う。

 そんななか、大本命はブルックス・ケプカ(アメリカ)だ。5月の全米プロ選手権で見事に連覇を達成。さらに今大会では、3連覇に挑む。もしそれが成し遂げられれば、114年ぶりの快挙となる。

 これらの選手たちを軸にして、今年のゲームは展開されていくだろうが、全米オープンは誰もが勝ちたい大会。ここに向けて、技術面も、メンタル面もピークに仕上げてやってくる。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)