無名→川崎でポジション奪取。知念慶「技術を買われた選手じゃない」

無名→川崎でポジション奪取。知念慶「技術を買われた選手じゃない」

無名→川崎でポジション奪取。知念慶「技術を買われた選手じゃない」の画像

川崎フロンターレ・知念慶インタビュー@前編

 失礼を承知のうえで言わせてもらえば、川崎フロンターレに加入する前の知念慶は、無名のストライカーだった。

 2017年に愛知学院大学から川崎フロンターレに加入。その年、J1初優勝を遂げることになるチームで貴重な1得点こそ挙げたが、リーグ戦の出場は4試合に終わった。昨季は開幕スタメンに名を連ねたが、年間で見れば4得点を決めたものの、途中出場も多かった。

 ところが3年目となる今季は、J1第5節の松本山雅FC戦から4試合連続ゴールを記録。その後は体調を崩したこともあって戦列を離れたが、ポジションを争っているのは、J1得点王にも輝いた小林悠であり、ブラジル代表歴もあるレアンドロ・ダミアンである。

 無名だったストライカーは、J1連覇を達成したチームで、いかに揉まれてきたのか。近い将来、川崎のエースへと登り詰めていくであろう彼に、ここまでの葛藤と成長曲線を聞いた。


4試合連続ゴールを決めて注目を集めた川崎フロンターレの知念慶

―― 川崎フロンターレに加入して3年目。過去2シーズンと比べて、自分自身のなかで変化はありますか?

知念慶(以下:知念) だいぶ、慣れてきましたね。試合に対してもそうですけど、プロの生活にも慣れて、自分自身がステップアップするために、いろんなことにチャレンジできるようになりました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)