鳥栖の豊田陽平が語るどん底からの復活劇。「ダメなら引退するだけ」

鳥栖の豊田陽平が語るどん底からの復活劇。「ダメなら引退するだけ」

鳥栖の豊田陽平が語るどん底からの復活劇。「ダメなら引退するだけ」の画像

「自然と涙が出そうになるんですよ」

 サガン鳥栖で10年目になる元日本代表FW豊田陽平(34歳)は、そう言って少し照れたように笑った。

「最近は1試合1試合、これが最後だと思ってピッチに立っています。試合前は、家族の写真を見て集中を高めるんですが、これで最後と思うと本当に泣きそうになって(苦笑)。だから、少しも手を抜けないし、抜かないし、最後まで走れるんですよ。サッカーができる幸せを噛みしめています」

 その渾身が、人間の限界を超えさせるのだろう。


監督交代を機にスタメンに復帰した豊田陽平(サガン鳥栖)

 5月26日、本拠地に鹿島アントラーズを迎えた一戦は象徴的だった。急に春から夏に変わったような気候変化で、厳しいコンディションだった。豊田はごつごつと鹿島のディフェンダーとやり合い、消耗戦を戦った。後半アディショナルタイム、鹿島の選手に疲労の色が見えていた。裏に抜けたボールの折り返しに、豊田は集中を切らさず身体を動かし、ポジションに入る。左足でボールを確実に叩いてネットを揺らし、決勝点を決めた。

 信じられない動きだった。

「正直、得点シーンの前後はあまり覚えていません。ビデオを見返し、こんなだったかなって。でも、自分は得点が入るときは無心というか、考えずに身体が動くんですよ」

 豊田は日に焼けた頬をほころばせ、白い歯を見せた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)