ユニコーンSで穴党記者の意見が合致。ワイドファラオが砂嵐を起こす

ユニコーンSで穴党記者の意見が合致。ワイドファラオが砂嵐を起こす

ユニコーンSで穴党記者の意見が合致。ワイドファラオが砂嵐を起こすの画像

今週は、GIIIユニコーンS(6月16日/東京・ダート1600m)が行なわれる。

 同レースは、地方交流GIジャパンダートダービー(7月10日/大井・ダート2000m)の前哨戦という意味合いもあるが、JRA3歳馬による「春のダート王決定戦」といった位置づけもあって、例年ダート路線を歩んできた強豪が一堂に会する。

 そして今年も、4連勝中のデュープロセス(牡3歳)をはじめ、4戦3勝のデアフルーグ(牡3歳)など、有力馬がズラリ。熾烈かつハイレベルな戦いが繰り広げられそうだ。

 そんな実力馬が集うレースだけあって、過去10年の勝ち馬はすべて3番人気以内。そのうち9頭が、それまでにダートのオープン戦、もしくは地方交流重賞を経験しており、やはり実績上位の馬が強いレースと言える。

 それでも最近5年は、1番人気が1勝、2着1回、着外3回と、やや信頼性に欠ける。そのあたりに、好配当を狙えるカギがあるかもしれない。そこで、日刊スポーツの松田直樹記者がまず注目したのは、芝の重賞戦線で奮闘してきた変わり種だ。

「ワイドファラオ(牡3歳)です。今回、デビュー以来初のダート戦となりますが、ダートで変身の可能性を秘めています。前走のGINHKマイルC(5月5日/東京・芝1600m)では9着に敗れたものの、2走前にはGIIニュージーランドトロフィー(4月6日/中山・芝1600m)を逃げ切り勝ち。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)