内田理央はプロップ好き!? 滝藤賢一はラグビーに自分史上初の興奮

まるで壁のようだった」と現役ラガーマンの逞しさに驚がくしたそうだ。
「前回のワールドカップで(南アフリカに勝って)大ニュースになったときに、初めてラグビーと出会った」と言う内田は、イベントの中で楕円球LOVE!のコンテンツの一つ「ラガーマンズLOVE診断」を体験。これはいくつかの質問に答えるだけで、好きなラガーマンのタイプが診断されるというもの。ちなみに以下がその質問となる。
・大声大会で思い切り叫ぶとしたら、どの言葉にする? 
 頑張ってー!! バカヤロー!! 大好きだー!!
・彼にはお姫様抱っこしてほしい 
 YES NO
・好きな文房具はどっち? 
 鉛筆 消しゴム
・月1回は美容院に行く 
 YES NO
 一見ラグビーとは関係ない8つの質問に答えた内田に下された診断結果は、「プロップタイプの男性」だった。スクラムの最前列で相手フォワードと直接組み合うスクラムの要であるプロップは、縁の下の力持ち的なポジションで、体重が重く、がっしりした体型の選手。この診断結果について内田は「そんなタイプの方が大好きなので、当たっているかもしれません。ただお姫様抱っこは私がベスト体重になったときにお願いしたいです」と、はにかんでいた。
 楕円球LOVE!には、ほかにも、にわかラグビーファンのためのコンテンツが目白押し。

関連記事(外部サイト)