グランアレグリアの全弟ブルトガング「調教の動きはよくなっている」

グランアレグリアの全弟ブルトガング「調教の動きはよくなっている」

グランアレグリアの全弟ブルトガング「調教の動きはよくなっている」の画像

厳選!2歳馬情報局(2019年版)
第4回:ブルトガング

 春の3歳クラシックでは、今後の日本競馬界を担っていく新たなスターが次々に登場したが、はや、そうした面々の弟や妹たちも始動。次なるヒーロー、ヒロイン候補を目指して、デビューの時を迎えようとしている。

 美浦トレセンの手塚貴久厩舎に所属するブルトガング(牡2歳/父ディープインパクト)も、その1頭である。

 ブルトガングの姉は、グランアレグリア(牝3歳/父ディープインパクト)。今春のGI桜花賞(阪神・芝1600m)を快勝し、今後もその活躍が大いに期待される有望な存在だ。


桜花賞を制したブルトガングの全姉グランアレグリア

 グランアレグリアは、2018年の2歳戦開幕週にデビュー。初陣となる2歳新馬(東京・芝1600m)では、のちにGI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)を制するダノンファンタジー相手に楽勝した。その勝ちっぷりも鮮やかだったが、この時期の2歳牝馬としては破格の1分33秒6という勝ち時計が、多くのファン、関係者に衝撃を与えた。

 休養を挟んでの2戦目は、GIIIサウジアラビアロイヤルC(東京・芝1600m)に挑戦。ここでも、牡馬相手に3馬身半差をつける圧勝劇を披露した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)