兄と同じ道を辿って急成長。中日・又吉克樹の弟がドラフト候補へ名乗り

兄と同じ道を辿って急成長。中日・又吉克樹の弟がドラフト候補へ名乗り

兄と同じ道を辿って急成長。中日・又吉克樹の弟がドラフト候補へ名乗りの画像

「あまり似ていないと言われる方もいるんですが、僕はそっくりだと思うんですよねえ。マウンド上での所作、雰囲気を見ていると、お兄ちゃんのことを思い出しますね」

 四国アイランドリーグplus・香川オリーブガイナーズの運営に長年携わっている、広報担当の中野彰が懐かしそうに語る。言われてみると、たしかに似ている。間近で確認すると、選手名鑑で確認した顔写真よりもずっと”兄”の面影を感じる。

 視線の先にいるのは、昨年香川に入団し、今年2年目を迎える又吉亮文(またよし・あきふみ)だ。中日に在籍する又吉克樹を兄に持ち、その兄がNPB入りの夢を掴んだ四国で白球を追っている。


兄と同じ独立リーグからのプロ入りを目指す又吉亮文

 環太平洋大(岡山)から香川オリーブガイナーズへ。出身高校こそ異なるものの、その歩みの多くが兄と重なっている。プレースタイルも兄に近い”本格派サイド”。ドラフト指名候補に挙げられている又吉だが、高校野球引退時に、一度野球から離れることも考えていたという。

 浦添高(沖縄)3年の夏、又吉はベンチ外だった。グラウンドで躍動するチームメイトに声援を送りながらも、「幼少期から野球は見るよりもプレーしていたいタイプ」の又吉はどこか引っ掛かりを覚えながら夏を過ごした。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)