ガチで来る! コパ・アメリカで日本が対戦する3カ国が燃えている

ガチで来る! コパ・アメリカで日本が対戦する3カ国が燃えている

ガチで来る! コパ・アメリカで日本が対戦する3カ国が燃えているの画像

◆大会3連覇の栄誉を目指すチリ
 世界最古の国別代表戦として1916年に誕生したコパ・アメリカ。3年前の2016年には、100周年記念の特別大会がアメリカで開催され、チリが優勝。その前年の通常大会も開催国のチリが制覇。そして前々回、11年のアルゼンチン大会はウルグアイが栄冠を手中にしている。つまり日本代表は、直近3大会の王者と同グループになってしまった。
 初戦のチリは、本大会を連覇した”南米王者”だったにもかかわらず、ロシアW杯はまさかの予選敗退。ライバル国のサポーターから嘲笑の的となり、代表のみならず国民も屈辱にまみれた。その汚名を雪ぐ最高の舞台が今大会。コパ・アメリカ3連覇は第18大会(45年)〜20大会(47年)のアルゼンチンしかなく、今回優勝すればそれに並ぶ。そして、その勢いで来年開催される次回大会も制すれば、南米サッカー史に金字塔を打ち立てることができるのだ。

負傷明けのA・サンチェスも頑張る。チリは燃えている


 チリの国民性は、南米の中では異色の勤勉実直。サッカースタイルも組織的で戦略性に富んでおり、日本代表と似ている。つまり常識的なサッカー同士なので、お互いに戦いやすく実力を発揮できる。相撲でいうなら相四つだ。
 注目は何といってもFWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)