久保建英の武器を福田正博が分析。「スター誕生。新時代が始まる」

久保は「普段どおりのプレーができた」と言っていたが、代表デビュー戦の18歳があれだけ注目されていた中で、気負いなく普段どおりのプレーを見せてくれた。
 久保を見ながら感じたのは、圧倒的に技術を高め、それに裏打ちされた判断能力を持つ選手は、メンタル面もきちんと整理されているということ。試合で結果の出せなかった選手が「メンタルが足りなかった……」と反省するケースは多い。しかし、メンタルの課題を口にする選手に本当に足りていないのは、練習であり、技術であり、それを活かすためのスキルだとあらためて思わされた。
 久保がスタジアムにいる人たちの期待を上回るプレーを見せることができたのは、彼には、「判断のともなう技術」があるから。顕著だったのは冒頭で紹介したドリブルでDF2人を置き去りにしたシーン。久保は顔を上げて首を振って周囲の状況を確認しながらプレーをしていたからこそ、スペースを見つけられたのだ。
 このシーンに限らず、久保は常にピッチ上の多くの情報を持っている。だから、相手選手とぶつかってスタックするプレーがないし、見ている側にもストレスを感じさせない。つまり、「そこはパスだろ!」「ボールを持ちすぎだ!」と不満に思うシーンがない。フィジカル面でまだまだ成長途上なので、相手との接触によってケガをするリスクもあるが、久保は試合中に収集している情報量が多く、スキルも高いため、そうした状況を回避できるはずだ。

関連記事(外部サイト)