中田浩二が伝えたい黄金世代の一体感。「伸二を信じてついていった」

中田浩二が伝えたい黄金世代の一体感。「伸二を信じてついていった」

中田浩二が伝えたい黄金世代の一体感。「伸二を信じてついていった」の画像

世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第9回:中田浩二(2)

 1999年のFIFAワールドユース(現在のU-20W杯)・ナイジェリア大会で、日本は勝ち進み、ついに決勝進出を果たした。

 中田浩二は、その要因のひとつとしてチームの一体感がより増したことを挙げたが、その中で大きな役割を果たしたのが控え組の選手だった。

ナイジェリアでの激闘について語る中田浩二

「あのチームの強みって、試合に出ている選手と出ていない選手が、本当に仲が良かったことなんですよ。純粋に競争しながらも、試合に出られない選手が、チームが勝つためにいろいろやってくれた。普通、チーム内の競争って、一歩間違えるとギスギスしてしまうんです。でも、そういうのがまったくなかった。口では『早く帰りてぇー』って言っていましたけど(笑)。試合に出ている選手はサブ組のサポートに感謝して、ひとつでも多くの試合をみんなで、という気持ちで戦っていた。本当にいいメンバーでした」

 選手はそれぞれ目標や目的が異なるが、試合に出て活躍して高い評価を得たいと思っている。それゆえ、日本代表といえどもひとつにまとまるのは簡単なことではない。だが、このチームは徐々に目標が全員共通のものになり、そのためにひとつになっていった。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)