ブラジル人記者が見た日本戦。「光るところがあったからこそ許せない」

ブラジル人記者が見た日本戦。「光るところがあったからこそ許せない」

ブラジル人記者が見た日本戦。「光るところがあったからこそ許せない」の画像

「Ingenuidade(インジェヌイダージ)」と「absurdo(アブスルド)」。コパ・アメリカの日本対チリ戦が行なわれたサンパウロのスタジアムで、一番聞かれたのはこのふたつの言葉だった。

「Ingenuiadade」とは「創造性」という意味だ。この試合で弱さを露呈した日本が、できるだけ長くブラジルに留まりたいならば、真っ先に手に入れなければならないものだ。チリ戦では独創力も、危険を冒す勇気も、困難に立ち向かう覚悟も感じられなかった。

「Absurdo」は「とんでもない」とでも訳そうか。この言葉は試合を観戦していたブラジルの記者や元選手たちの口から洩れてきた言葉だ。

「バルセロナのアルトゥーロ・ビダルやマンチェスター・ユナイテッドのアレクシス・サンチェスを擁するチームに立ち向かうのに、こんな若手ばかりのチームを用意するなんて、とんでもない!」

 私にそう言ったのは、元ブラジル代表で、かつて柏レイソルでもプレーしたカレッカだ。

 日本と同じグループに属するエクアドルのエルナン・ダリオ・ゴメス監督は、「チリはどう見ても100%の力を出してはいなかったね。力の差は歴然だった」とメディアに語った。

 チリの新聞『la tercera(ラ・テルセーラ)』に至っては、ほとんど日本を無視した形だった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)