大阪桐蔭歴代イチのミート力。森友哉は低身長、短い腕でもカッコええ

大阪桐蔭歴代イチのミート力。森友哉は低身長、短い腕でもカッコええ

大阪桐蔭歴代イチのミート力。森友哉は低身長、短い腕でもカッコええの画像

あの時もキミはすごかった〜西武・森友哉編
 プロ6年目の今シーズン、森友哉(西武)のバットが好調だ。まさに糸を引くようなライナー性の打球を左右に打ち分け、甘い球がくればスタンドイン。6月19日現在、打率.342は堂々のパ・リーグトップである。
 森の変幻自在のバッティングを見ていると、大阪桐蔭時代に目の当たりにした快打の記憶がよみがえってくる。

高校時代、4度甲子園に出場し、打率.473、5本塁打、11打点の活躍を見せた森友哉

 以前、大阪桐蔭で1年秋からレギュラーになった森が出場した4度の甲子園と、甲子園出場がかかった夏と秋の公式戦の打撃成績を調べたことがあった。以下が森の成績である。
1年秋(大阪大会、近畿大会)/35打数20安打/打率.571/3本塁打/10打点
2年春(甲子園)/18打数8安打/打率.444/1本塁打/2打点
2年夏(大阪大会)/27打数15安打/打率.556/1本塁打/5打点
2年夏(甲子園)/20打数8安打/打率.400/2本塁打/2打点
2年秋(大阪大会、近畿大会)/35打数16安打・打率.457/11打点
3年春(甲子園)/5打数4安打/打率.800/3打点
3年夏(大阪大会)/25打数10安打/打率.400/1本塁打、9打点
3年夏(甲子園)/12打数6安打/打率.500/2本塁打/4打点
 通算すると、177打数87安打/打率.492/10本塁打/46打点。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)