実績は久保建英より上。東京五輪にやって来る欧州の若きスターとは?

実績は久保建英より上。東京五輪にやって来る欧州の若きスターとは?

実績は久保建英より上。東京五輪にやって来る欧州の若きスターとは?の画像

おそらく日本では現在、サッカーファンの視線が南米に注がれているはずだが、ヨーロッパでは他の大陸に先駆け、早くも”東京五輪最終予選”がスタートしている。

 五輪予選と言っても、ヨーロッパではワールドカップやユーロとは違い、それ専用の予選が行なわれるわけではない。現地時間6月16日に開幕したU−21ヨーロッパ選手権が、五輪予選を兼ねている。

 今大会には、予選を勝ち上がった11カ国に、開催国のイタリアを加えた12カ国が出場。以下のように、4カ国ずつの3組に分かれてグループリーグを戦い、各組1位の3カ国と、各組2位のなかで成績上位の1カ国が準決勝に進出する。

◆グループA
イタリア、スペイン、ベルギー、ポーランド

◆グループB
ドイツ、オーストリア、セルビア、デンマーク

◆グループC
イングランド、フランス、クロアチア、ルーマニア

 東京五輪でヨーロッパに割り当てられた出場枠は「4」。つまり、準決勝に進出した4カ国が出場権を獲得する。

 大会名称のうえでは、U−21とは言うものの、それは2年前から予選が始まっているためで、現在行なわれている本大会の出場資格は1996年生まれ以降、いわばU−23。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)