全日本で石井優希が攻守の要に成長。中田監督も「昨季とは全然違う」

全日本で石井優希が攻守の要に成長。中田監督も「昨季とは全然違う」

全日本で石井優希が攻守の要に成長。中田監督も「昨季とは全然違う」の画像

6月20日、バレーボールネーションズリーグの予選ラウンドが終了した。世界各国の都市を移動しながら、5週にわたって16チーム総当りで行なわれた予選で、全日本女子代表チームは7勝8敗の9位。6チームで争うファイナルラウンド(同ラウンドの開催国と、それを除く予選上位5カ国)には進出できなかった。
 ネーションズリーグは、男子の「ワールドリーグ」と女子の「ワールドグランプリ」を統合する形で2018年に新設された。代表シーズンの冒頭に開催される国際大会で、各国の動向を占う大会としてバレーファンの注目を集めている。
 今大会でファイナルラウンドに進めなかった全日本女子だが、久光製薬スプリングスのエース・石井優希の攻守にわたる活躍が光った。


全日本女子の軸となる選手に成長した石井

 連続してスタメンで出場していた序盤は、大会のベストスコアラーランキングで選手全体のトップに立つことも。期間の長い大会での疲労が考慮されたこともあって、第4週の東京ラウンドから少し出番が減ったものの、予選ラウンド終了時の同ランキングで日本人トップの8位と健闘した。
 守備では、ベストディガー(スパイクレシーブ)ランキングで日本人2位の6位、ベストレシーバー(サーブレシーブ)ランキングでも日本人2位の8位(日本人トップは、ともにリベロの小幡真子)。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)