黄金世代・遠藤保仁が忘れられない「いちばんキツかった」悔しい経験

黄金世代・遠藤保仁が忘れられない「いちばんキツかった」悔しい経験

黄金世代・遠藤保仁が忘れられない「いちばんキツかった」悔しい経験の画像

世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第10回:遠藤保仁(2)

 準優勝を遂げた1999年FIFAワールドユース(現在のU-20W杯)・ナイジェリア大会から帰国し、遠藤保仁は京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)に戻った。


遠藤たち黄金世代は、ワールドユースで準優勝を遂げた photo by Yanagawa Go

 チームは調子が悪く、低空飛行を続けており、ワールドユース組の遠藤、辻本茂輝、手島和希はチーム浮上の起爆剤として期待された。

 だが、遠藤が最初に感じたのは、自分たちを見る視線の変化だった。

「準優勝して帰国したけど、俺はそんなに騒がれてなかった(笑)。(小野)伸二とかモト(本山雅志)とか、活躍した選手が注目を集めていた。ただ、大会で結果を出したことで、周囲の俺を見る目がだいぶ変わった。Jリーグの他の選手は『こいつらすげぇな』っていう感じで見ていたし、サッカー関係者とかも『こいつら、こんなにやるんだ』っていうふうに見ていた。サッカー界にけっこうな衝撃を与えたんだなって、ある意味そういうので準優勝したことを実感できたね」

 ワールドユース準優勝という偉業に対する関心は、やがてファンの期待感に変わった。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)