伊藤翔は海外→日本の移籍で苦労「小野伸二さんに教育してもらった」

伊藤翔は海外→日本の移籍で苦労「小野伸二さんに教育してもらった」

伊藤翔は海外→日本の移籍で苦労「小野伸二さんに教育してもらった」の画像

遺伝子〜鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学〜(45)
伊藤 翔 後編
 数少ないチャンスで得点し、1−0のまま逃げ切る。
 6月18日AFCチャンピオンズリーグ、ラウンド16ファーストレグの対サンフレッチェ広島戦を、その代名詞とも言われるスコアと試合運びによって勝利で終えた鹿島アントラーズ。ACLディフェンディングチャンピオンにとっては、相手にアウェーゴールを与えずに勝利するという使命を果たした。
 昨季の同大会決勝トーナメントもすべて、ファーストレグ第1戦をホームで戦って勝ち上がった(ラウンド16・上海上港戦3―1、準々決勝・天津権健戦2−0、準決勝・水原三星戦3−2、決勝・ペルセポリス戦2−0)。その際、ホームでの失点がセカンドレグを苦しい試合にしてしまう……という経験をしている。ホームアンドアウェーでの2戦を戦う180分の試合と考えるにしても、アウェーゴールは通常の試合とは違う重さがある。
 最初、攻勢に出た鹿島だったが、時計の経過と共に、広島も勢いを増していく。ボールをつなぎ攻め込んでくる相手に対しても、鹿島は慌てることがなかった。そして、それは24分に鹿島が先制点を決めると、さらに継続され続ける集中力もあった。
「前線からの守備もハマっていた。いい守備の形ができていたし、相手も困っていたと思う。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)