来日したステフィン・カリーが八村塁に太鼓判。「次世代の指標」

来日したステフィン・カリーが八村塁に太鼓判。「次世代の指標」

来日したステフィン・カリーが八村塁に太鼓判。「次世代の指標」の画像

「私自身は5つ星の中で、せいぜい3つ星の選手だった。高校時代はその程度の評価しか受けられず、父(デル・カリー/元NBA選手)が進学したバージニア工科大学からも声が掛からなかったよ。プレーしてきたほとんどのチームで一番背が小さかったしね。それでも自分のポテンシャルを信じ続けた結果、今がある。私も”アンダードッグ”から這い上がってきたんだ」

 NBA最高のスーパースターは、苦節と栄光に満ちた自身の競技人生をこう振り返った。


2年連続3度目の来日で、高校生たちに指導を行なったカリー(写真提供:楽天)

 ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、高校時代から能力の高さを発揮していたものの、当時180cm前半だった身長がネックとなって強豪大学からのオファーが届かなかった。しかし進学先のデイビッドソン大学でブレイクし、2009年のドラフトでウォリアーズから全体7位で指名された。

 それ以降に彼が残してきた偉業は、バスケットボールファンであれば誰もが知るところだろう。2012−2013シーズンに、NBA新記録となる272本のスリーポイントシュートを成功。2015−2016シーズンにはそれを402本まで伸ばし、史上初となる満票でのMVPを受賞した。NBAにロングシュート全盛の時代をもたらし、「NBAの概念を変えた」と称される男は、未だ衰えぬ向上心を持ち続けている。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)