コパ・アメリカ中間総括と優勝予想。ブラジルの救世主は小さな玉ねぎだ

コパ・アメリカ中間総括と優勝予想。ブラジルの救世主は小さな玉ねぎだ

コパ・アメリカ中間総括と優勝予想。ブラジルの救世主は小さな玉ねぎだの画像

コパ・アメリカの決勝トーナメントが始まる。ここに至るまでには、よくも悪くも予想外の展開が数多くあった。まずは、残念ながらブラジルから去ることになった4チームから評していこう。

 一番弱いチームはボリビアだったが、一番がっかりさせられたのはエクアドルだ。ここ3年、彼らはずっといいサッカーをしてきたのに、ふたを開けてみれば結局、1勝もできなかった。

 カタールには拍手を送りたい。クオリティがなく、危険ではないと思われていたが、スペイン人監督フェリックス・サンチェスは興味深いサッカーをするチームに仕上げていた。パラグアイ戦では、2−0とリードされていたにもかかわらず、後半はゲームを支配して同点に追いつき、あと少しで勝ちそうな勢いだった。

 しかし、いい意味で大きく期待を裏切ったのは日本だ。ひとつ付け加えておきたい。グループステージが終わった段階で、各国の記者たちがそれまでのベストマッチを選んだ。それがウルグアイ対日本戦だった。日本は4チーム中、最も敗退に値しないチームだった。


ペルーを5−0で下し、それまでのうっ憤を晴らしたブラジル photo by Watanabe Koji

 反対に勝ち進んだことに疑問を感じたのはパラグアイだ。カタール相手にひどい試合をし、負けなかったのはただ運がよかったせいだけだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)