要因はふたつ。最下位だった清水エスパルスが急浮上できたのはなぜか

「練習から前向きに取り組んでいる。練習試合でもよくゴールを決めている」(篠田監督)と、前監督のもとではリーグ戦での出番がなかったルーキーのMF西澤健太を積極的に登用。後半から送り出した横浜FM戦、初めてスタメンで起用した名古屋戦と、2試合連続でアディショナルタイムに決勝ゴールを叩き込んだ。


2試合連続で決勝ゴールを決めた西澤健太

 篠田監督の抜擢に見事に応え、一躍チーム浮上の立役者となった西澤。今後のさらなる活躍へ、その意欲は増すばかりだ。

「(自分が)がんばっている姿勢を(篠田監督は)評価してくれたのだと思う。(試合に)起用してくれたので、絶対にその期待に応えようと思った。まだミスもあるので、反省しながら次のステップを目指したい」

 好調・清水を支えるもうひとつ要因は、チームの”エース”であるドウグラスの完全復活だ。

 昨季途中に加入して、15試合出場で11ゴールを量産したドウグラス。シーズン終盤を7戦負けなしで終え、残留争いに加わっていたチームを最終的に8位まで押し上げたのは、間違いなく彼の力によるところが大きい。今季「トップ5入り」という目標を掲げたのも、そんな”絶対的エース”の活躍を見越してのことだった。

 しかし、今季開幕前に不整脈が発覚して戦線離脱。

関連記事(外部サイト)