同じ高校出身、先輩VS後輩の行方。そこには数々のドラマが生まれる

同じ高校出身、先輩VS後輩の行方。そこには数々のドラマが生まれる

同じ高校出身、先輩VS後輩の行方。そこには数々のドラマが生まれるの画像

2019年6月9日(日本時間)、エンゼルスの大谷翔平とマリナーズの菊池雄星との「同じ高校の先輩(菊池)後輩(大谷)対決」が実現した。結果は、本塁打を含む3打数2安打で大谷が勝利。高校では後輩だが、MLBの世界では「1年先輩」の大谷が貫禄を見せつけた結果となった。では、この2人のNPB時代の対戦成績はどうだったのだろうか? 今回は、大谷と菊池のほか、昨年話題となった中日の松坂とDeNAの筒香との対決など、印象深かった「同じ高校出身の先輩後輩対決」を紹介する。
※記事内の成績は公式戦・交流戦のもののみ
※成績は、6月29日時点でのもの

高校の先輩・菊池雄星(マリナーズ)から本塁打を放った後輩の大谷翔平(エンゼルス)


◆花巻東高校の先輩後輩対決  
 NPB時代は拮抗(きっこう)した成績だった大谷と菊池
菊池雄星(2009年度卒) VS 大谷翔平(2012年度卒)
打数:5
安打:2
打点:0
三振:3
打率:.400
 NPB時代、菊池と大谷は2試合で対戦している。初対決となったのは2013年3月30日の開幕2戦目で、西武の先発・菊池の前に大谷は2三振。次が2017年3月31日の開幕戦。この試合では、大谷は菊池から2本のヒットを放っているが、得点には結びつかなかった。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)