大坂なおみ「努力型」に回帰 全英オープンは「他のコート以上に脳を働かせないと」

大坂なおみ「努力型」に回帰 全英オープンは「他のコート以上に脳を働かせないと」

記事まとめ

  • 大坂なおみは全豪オープン優勝で世界1位に上り詰め、その地位に約5カ月君臨し続けた
  • 全仏オープンの3回戦で敗れ深い落胆に陥るも「プレッシャーから開放される」と語った
  • 大坂はマディソン・キーズとの練習で「自分の原点」に立ち返り努力型と再認識したよう

大坂なおみ「努力型の自分」に回帰。全英は「脳を働かせないとダメ」

大坂なおみ「努力型の自分」に回帰。全英は「脳を働かせないとダメ」

大坂なおみ「努力型の自分」に回帰。全英は「脳を働かせないとダメ」の画像

「ランキングが低いほうが……」
 そこまで言うと、彼女はフッと自嘲的な笑みを漏らし、しばし言葉を切った後にこう続けた。
「これって、とんでもないことよね? 私は世界2位で、それを”低いランキング”なんて言ってるんだから」

世界2位としてウインブルドンに臨む大坂なおみ

 今年1月の全豪オープン優勝で世界1位に上り詰めた大坂なおみは、その地位に約5カ月君臨し続けた。
だが、在位中は苦しい戦いが続き、ウインブルドン前哨戦のネイチャーバレー・クラシック(バーミンガム)も2回戦で敗退。大坂が早々に去った同大会を、先の全仏オープン女王のアシュリー・バーティ(オーストラリア)が制した時、両者のランキングは入れ替わった。
 大坂の世界1位連続在位は、21週。彼女が、2位の地位をごく自然に「低いランキング」と述べたのは、1位であることがすでに心身に染みつき、同時にその肩書がいかに大きな呪縛となっていたかを物語ってもいるだろう。
「1位であることのストレスやプレッシャーは、私の想像をはるかに凌駕していた」と、大坂は今になって告白する。
 全仏オープンを第1シードで迎えることを切望した彼女だが、その地位は、極度の緊張と眠れぬ日々を21歳の若い女王にもたらした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)