神野大地はアンチにもめげずSNSを活用。「ありのままの自分を伝える」

神野大地はアンチにもめげずSNSを活用。「ありのままの自分を伝える」

神野大地はアンチにもめげずSNSを活用。「ありのままの自分を伝える」の画像

神野プロジェクト Road to 2020(33)
前回の記事はこちら>>
 長野県東御(とうみ)市の湯の原高原で練習パートナーのニコラス・コリールとマラソン合宿を行なっていた神野大地は無事に合宿を打ち上げ、MGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)に向けて調整を続けている。


MGCに向けて順調に調整を続けている神野大地

 レイヤートレーニングを2017年の4月からスタートさせ、ケニア合宿にトライするなど、一切妥協することなく、苦しい練習を積み重ねてきた。それは神野の真面目で几帳面な性格によるものでもあるが、”努力”を続けることは容易なことではない。なぜ神野は、こうした地道な努力を続けて来られたのだろうか。

「努力したあとにいい結果が得られたという経験が過去にあったからなんです。高校の時は、最初、女子よりも遅かったけど、最後はインターハイに出場することができた。大学では4年間で一度ぐらい箱根を走れればいいかなって思っていたけど、3回も走ることができ、その上”山の神”と言われて2回優勝することができた。社会人になってからはハーフで思っていた以上の結果が出た。

 僕はもともと力がないところからスタートして、それぞれのところで努力してきたからこそ今の立場があると思っているんです。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)