スペインの名伯楽がコパの日本選手を個別評価。「優ではないが良」

スペインの名伯楽がコパの日本選手を個別評価。「優ではないが良」

スペインの名伯楽がコパの日本選手を個別評価。「優ではないが良」の画像

「大会を通して、及第点を与えられる出来だった」

 スペイン人指導者ミケル・エチャリ(72歳)は、コパ・アメリカを戦った日本の3試合をまとめてこう語っている。

「グループステージで敗退しただけに、『優・良・可・不可』のうち『優』は与えられなくても、『良』は与えられるだろう。チリ戦の0−4は、内容がスコアに反映されていない。ウルグアイ、エクアドル戦では拮抗したプレーを見せた。最初は、あまりにメンバーが替わっていたことに驚いたが、若い選手たちは堂々と戦って、貴重な経験を積んだはずだ」

 エチャリはそのスカウティング能力と戦術理論の2点で、高い評価を受けている。ホセバ・エチェベリア、ハビエル・デ・ペドロ、シャビ・アロンソなどスペイン代表となった選手たちに強い影響を与えてきた。フアン・マヌエル・リージョ、ウナイ・エメリといった名将も師事、「ポジション的優位」などの戦術論は欧州でスタンダードになっている。

「選手はいつでも、どこにいても、やるべきことがある。ボールを持っているときも、持っていないときも」

 ディテールにこだわる感覚と理論の両方で、エチャリは南米の地で戦った日本人選手たちのプレーに考察を加えた。


3戦とも日本代表の指揮者としてチームを動かしていた柴崎岳

GK
大迫敬介(サンフレッチェ広島)

 チリ戦に出場。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)