Jクラブとの連携で躍進。日体大柏は千葉の2強を倒して歴史を変えた

Jクラブとの連携で躍進。日体大柏は千葉の2強を倒して歴史を変えた

Jクラブとの連携で躍進。日体大柏は千葉の2強を倒して歴史を変えたの画像

「市立船橋、流経大柏を倒すためにタッグを組んだというのがありますから。全国区のチームを倒すためには、普通のことをやっていたらダメだと思っていた」
 インターハイサッカー競技千葉県予選を、旧・柏日体高校時代以来、33年ぶりに制した日本体育大学柏高校(日体大柏)の片野慶輝総監督は、「感慨深いものがありましたね」と頷いたあとに冒頭の言葉を続けた。

全国トップレベルの2校を倒した日体大柏が話題となっている


 決勝で対戦した相手は、ここ2年連続で全国高校選手権のファイナリストとなっている流通経済大学付属柏高校(流経大柏)。彼らの全国随一とも言われるハイプレスを前に、普段どおりのサッカーができるチームは稀だ。日体大柏も以前ならば、相手のハイプレッシャーの前に落ち着いて攻撃することができず「蹴るしかなかった」(片野総監督)という。
 それでも、今回は「流経大柏のハイプレッシャーでもいなしていたし、1人くらいかわせるようになっている。その辺は成長していると感じました」と片野総監督。チームは前半12分までに2点を失い、追いついた後の後半32分に再び勝ち越された。だが、ときにSBや中盤の選手が相手のプレッシャーをかわしながら落ち着いて攻めた日体大柏は、後半アディショナルタイムのゴールで追いつき、延長後半ラストプレーの決勝点によって4−3で逆転勝ち。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)