メッシ、審判、VAR…ブラジル人記者が選ぶコパ・アメリカのワースト10

メッシ、審判、VAR…ブラジル人記者が選ぶコパ・アメリカのワースト10

メッシ、審判、VAR…ブラジル人記者が選ぶコパ・アメリカのワースト10の画像

ピッチコンディション

 すべてのスタジアムのピッチコンディションが悪かった。大会中、多くの選手や監督がピッチに悩まされ、嘆いていた。

 まず口火を切ったのはウルグアイのルイス・スアレスで「ピッチが固すぎて、自分のしたいプレーができない」と発言。またペルーのリカルド・ガレカ監督も「スタジアムは最高だが芝は最低だ」とコメント。その後、リオネル・メッシが「ボールがうさぎのように飛び跳ねる」と嘆いたことで、その事実は広く知れ渡った。


2−1でチリを破った3位決定戦では笑顔も見せたメッシだったが... photo by Watanabe Koji

 通常、コパ・アメリカのような大きな大会では、各チームに対して前日に15分間、試合で使うスタジアムで練習する権利が与えられる。だがそれも、芝を保護するためという理由で、少なくともグループステージの4試合でキャンセルされた。メディアは運営側に理由を尋ねたが、最後まで明確な答えは与えられなかった。

高すぎるチケット

 アメリカ大陸(南米はもちろん、北中米でも)で、サッカーのチケットはそれほど高くはない。60%のブラジル人は300ドル(約3万3000円)程度の月収で暮らしている。しかし、今回のコパ・アメリカのチケットは、最低でも100ドル(約1万1000円)、高い席だと1250ドル(約14万円)もした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)