シメオネ8年目の大博打。アトレティコ「エースの取り換え」は吉か凶か

シメオネ8年目の大博打。アトレティコ「エースの取り換え」は吉か凶か

シメオネ8年目の大博打。アトレティコ「エースの取り換え」は吉か凶かの画像

アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。そのバルセロナ移籍決定は、「7月11日がXデー」と囁かれている。想定される移籍金は1億2000万ユーロ(約155億円)で、年俸2100万ユーロ(約27億円)。移籍金の分割払いや年俸引き下げなどの交渉が続いており、予断を許さない状況ではあるが、詰めの段階を迎えている。

 アトレティコはすでに、エースを務めてきたグリーズマンの代わりに、ポルトガル代表FWで19歳のジョアン・フェリックス(ベンフィカ)を獲得している。移籍金は1億2700万ユーロ(約160億円)、年俸は600万ユーロ(7億8000万円)。新シーズンに向けチームは「エースの取り替え」という大きな博打に出た。

 はたしてグリーズマンを失い、ジョアン・フェリックスを得た、そのプラスマイナスは――。


バルセロナへの移籍が秒読み段階と言われるアントワーヌ・グリーズマン

 アトレティコはこれまでも大きな博打を張り、大きく勝ってきた。

 2011年12月にディエゴ・シメオネが監督に就任して以来、今年6月末時点までで1000億円近くを戦力補強に費やしている。その見返りは大いにあったと言っていいだろう。リーガ・エスパニョーラ優勝、スペイン国王杯優勝、ヨーロッパリーグ優勝2回。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)