160キロより安定重視。横浜DeNAのE.エスコバー「毎日楽しい」

160キロより安定重視。横浜DeNAのE.エスコバー「毎日楽しい」

160キロより安定重視。横浜DeNAのE.エスコバー「毎日楽しい」の画像

今季のセ・リーグでは、外国人リリーフ投手が登板数の上位を占めているが、横浜DeNAのエドウィン・エスコバー(27歳)もそのひとりだ。疲労も考慮されて一軍登録を抹消された7月6日まで、リーグトップの42試合に登板して3勝2敗19ホールド、防御率3.29と活躍。交流戦序盤の6月9日に行なわれた西武戦では、プロ野球の左投手で最速となる160キロをマークした。
 ベネズエラで生まれ、父をはじめとした多くのメジャーリーグ経験者を親族に持つ”野球一家”で育ったエスコバー。自身もメジャーでのプレーを経て2017年に日本ハムに入団した当初は先発も務めていたが、同年7月にトレードで、横浜DeNAに移籍してからリリーフとしての地位を確立した。
 そんな、来日3年目にして成長を続ける”快速左腕”の素顔に迫った。


横浜DeNAのリリーフとして活躍するエスコバー


──エスコバー投手は何歳から野球を始めたのですか?
「3歳からですね。その数年後から、僕のいとこ(ケルビム・エスコバー/トロント・ブルージェイズなどでプレーした投手)がメジャーで活躍を始めたので、彼が目標というか、憧れの存在でした。野球を始めてからしばらくは、投手だけでなく外野手やファーストも守っていて、投手に専念することになったのは10代前半だったと思います」
──その後、2008年にテキサス・レンジャーズと契約し、2016年にはアリゾナ・ダイヤモンドバックスでメジャー最多の25試合に登板。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)