フェデラーに敗れたが、錦織圭のメンタルとテニスは安定してきている

フェデラーに敗れたが、錦織圭のメンタルとテニスは安定してきている

フェデラーに敗れたが、錦織圭のメンタルとテニスは安定してきているの画像

「フェデラーと、ここでやれてよかったです。負けはしましたけど、強いフェデラーとやれたのは、すごくいい経験になったと思います」
 29歳の錦織圭は、自分が最も尊敬している選手であり、37歳になってもなお強さを保っているロジャー・フェデラーと、ウインブルドンのセンターコートで初めて戦えた幸運をかみしめた。同時に悔いも残った――。

ベスト4はならなかったものの、フェデラーとしっかり握手を交わした錦織圭

 ウインブルドン準々決勝で、第8シードの錦織(ATPランキング7位、7月1日づけ/以下同)は、第2シードのフェデラー(3位、スイス)に、6−4、1−6、4−6、4−6で敗れて自身初のベスト4進出はならなかった。
 第1セット第1ゲームで、錦織がいきなりフェデラーのサービスをブレークする最高のスタートを切る。
「圭は優れたリターンをする選手。彼がリズムを見出している時は、自分のやりたいことがクリアになっている。いつもアグレッシブにプレーしてきて、とても危険な選手。もしサーブをいいコースに狙えなければ、圭はポイントにつなげられるタフさがある」
 こうフェデラーが評価したように、錦織は、フェデラーの甘くなったセカンドサーブをベースライン付近からステップインして、クロスやダウンザラインへリターンエースを打ち込んだ。フェデラーのセカンドサーブをリターンから攻略し、錦織が得意とするショットメイクによってポイントにつなげたため、第1セットでフェデラーのセカンドサーブポイント獲得率は36%にとどまった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)