【木村和久連載】都市伝説もいっぱい。アマチュアゴルファー英雄伝

【木村和久連載】都市伝説もいっぱい。アマチュアゴルファー英雄伝

【木村和久連載】都市伝説もいっぱい。アマチュアゴルファー英雄伝の画像

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第213回

 プロゴルファーの中には、「英雄」や「スター」、「レジェンド」と呼ばれている人が多数いますが、アマチュアゴルファー界にもレジェンド級の方がちらほらおります。

 今回はそんな、ゴルフ界に多大な影響を与えたアマチュアゴルファーの、偉大なタレントやクリエーターの方々を紹介します。

 まずは、O橋K泉さん。

 この方は、ビートたけしさんが春頃、『週刊文春』で連載していた実録小説『ゴルフの悪魔』に登場する、大物司会者です。表記をそのままにして、ネタを少々拝借して、彼の偉大な功績を紹介したいと思います。

 O橋K泉さんと言うと、そのキャラはすごくわがままで、独善的なイメージが強いですよね。クイズ番組の司会をやっていた頃は、ほとんど伊豆の別荘で暮らしていたそうです。そこがあまりにも気に入って、その周りも関係者の人たちに購入させたみたいです。ただその後、いろいろ問題があったようですけど……。

 その伊豆で、O橋K泉さんとたけしさんはゴルフをしていたそうです。もちろんラウンドの際は、どこぞの大統領をもしのぐ”K泉さんルール”で行なわれます。ドライバーのティーショットでは、何球か打ってからいいボールを採用する”ひとりベストボール方式”でプレーしていた、というから笑えますね。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)