亀田和毅が断られ続けた相手と統一戦。条件すべて呑んで「ものにする」

亀田和毅が断られ続けた相手と統一戦。条件すべて呑んで「ものにする」

亀田和毅が断られ続けた相手と統一戦。条件すべて呑んで「ものにする」の画像

現地時間7月13日、WBC世界スーパーバンタム級暫定王者・亀田和毅(協栄ジム)が大一番を迎える。米カリフォルニア州カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツ・パークで、同正規王者のレイ・バルガスと対戦する。これまでタイトルを4度防衛してきた、32勝全勝(22KO)という戦績を誇るメキシコ人王者は、群雄割拠のスーパーバンタム級でも”最強のひとり”と目される実力派だ。

 デビュー直後から大きな注目を浴びてきた亀田兄弟の三男は、どんな思いでこの一戦に臨み、どんなファイトプランを思い描いているのか。7月上旬、亀田とその陣営が渡米した翌日に、電話でじっくりと話を聞いた。


2018年11月にWBC世界スーパーバンタム級の暫定王座を獲得した亀田和毅

——バルガス戦に向けた調整は「完璧」と話されている報道を見ましたが、その後も順調にきていますか?

「そうですね、今回はフィジカルのほうは新しいトレーナーと取り組んで、いい結果が出ています。おかげで自信がついて、スパーリングもいい調子です。体はもう完璧なんで維持するだけ。あとは体重ですね」

——スパーリングは100ラウンドくらいこなされたそうですね。

「スパーリングは量より質なので、いつも数は気にしていません。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)